kuriya手帖

2019.08.23 Category:kuriya手帖

大葉と 夏の和え麺

暑い夏に、ぐんぐんと成長をする「大葉」は今が旬。薬味に、天ぷらに、と活躍する大葉ですが、あしが早いので、保存に一手間を。
すぐに使う予定があるものは、茎を水に浸して保存がおすすめです。

 

 

味の変化を楽しみたい時におすすめなのは、「大葉のナムル」。
おにぎりに巻いても、刻んで素麺や、サラダにも。
冷蔵庫にあると便利な夏の一品です。

 

 

 

そして、6月に仕込んだにんにく醤油。味に丸みが出てきて美味しい頃合いに。
今回はにんにく醤油と武富さんの味噌を使って、肉味噌を作ります。肉味噌も、夏におすすめの常備菜。自家製のにんにく醤油が味わいに深みを与えてくれます。

 

武富さんの味噌で作ると美味しいレシピをかるくご紹介。
フライパンにごま油をひき、豚ひき肉300gを炒めて、みじん切りの長ねぎ3本分を加えてさらに炒めます。しんなりしたら、酒・砂糖・みりん各大さじ3と、武富さんの味噌160gをボウルで溶いたものを2~3回に分けて加えます。
アルコールの香りが飛んできたら、仕上げににんにく醤油を小さじ1ほど。醤油に浸したにんにくを刻んで加えても、美味しく作れます。

 

 

今回は、冷たい麺料理に。
よく冷やした麺に、たっぷりと添えます。
肉味噌の麺料理におすすめなのは、和え麺。

 

めんつゆをかけてしまうと、お肉が最後まで食べにくいという体験から。和えるものを1つ足すと料理に統一感が出て、肉味噌も麺もどちらも美味しくいただけます。
今回は野菜おろしを添えて。
銅のおろし金で大根ときゅうりをおろせば、ふわふわの仕上がりに。水分をたっぷり含んで逃さない特徴を使って、おろした野菜にめんつゆを和えています。

 

 

食感の千切りきゅうりを添えるのも良いですが、人参ラペもおすすめ。よく和えていただきます。

 

麺は「島原そだち」の細うどんを使用。
手延べならではのコシが楽しめる、原料にもこだわって作られた熟成乾麺です。
≪もちもち全粒麺≫に加えて、入荷しています。

 

武富さんの黒大豆米味噌。
深い味わいを楽しめる二年熟成の味噌。
(→詳しくはこちらから)

 

  • kuriya本店

    住所  〒851-2127
    長崎県西彼杵郡長与町高田郷62-1

    TEL/095-856-8101

    営業時間/10:30~17:30

    定休日/毎週水曜、第一日曜、月末

    • Facebook
    • Instagram
  • kuriya大村店

    住所  〒856-0827
    長崎県大村市水主町2-971

    TEL/0957-27-3171

    営業時間/10:30~17:30

    定休日/毎週水曜、第一日曜、月末

    • Instagram