kuriya手帖

2021.05.22 Category:イベント

-雨の日も晴れの日も- 愛しのラバーブーツ

雨が続く、長崎の空模様。
統計開始以来2番目に早い梅雨入り、だそうです。

 

お出かけが億劫になりがちな雨の日でも、気分があがる⤴︎ アイテムをご紹介します。

 

長崎では、初めてのご紹介です。

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

-雨の日も晴れの日も-
愛しのラバーブーツ

2021.6/1(火)-20(日)

6/2(水)・6(日)・9(水)・16(水)は定休日

本店・大村店

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

 

北海道小樽で、雪国での暮らしに寄り添う長靴をつくり続けている老舗長靴メーカー〈第一ゴム株式会社〉。そのファクトリーブランドとして、2019年に誕生したDaiichi Rubber(ダイイチラバー)の「ラバーブーツ」

 

 

 

長靴はすでにお持ちという方も多いと思いますが、
この「ラバーブーツ」に足を入れ、歩いてみると、きっと〝違い〟に驚くはず。

 

 

しなやかな履き心地。
グリップ力のあるソールの安定感。
脱ぎ履きのしやすさ。
折りたためるほどの柔らかさ。
もちろん高い防水機能。

 

 

 

 

 

階段の上り下りの際の足さばきも楽々の柔らかさ。

 

 

この柔らかさの秘密は、ヴァルカナイズ製法※の中でも珍しい「直接加硫」を採用しているから。「直接加硫」は、熱と圧力と〝水蒸気〟を吹きかけるため、とても柔らかく、耐久性が高くなるのが特徴。この製造法ができる工場は、こちらを含め国内に数件だけとか。

※一般的なゴム長靴はヴァルカナイズ製法の中でも、熱と圧力をかける「間接加硫」が主流。

 

 

 

現代の様々なシーンにおいて、快適に、且つタフに、そして美しく履けるものを目指した「ラバーブーツ」。熟練の手作業で一足一足、ていねいに作りあげられています。

 

 

 

色は、BROWNとBLACK、2021年限定色のOLIVEの3種類。サイズはBLACK・OLIVE23〜25cm、BROWN24~25cmの展開です。

 

本革のようなマットな質感と、経年変化による絶妙な色の変化も楽しめます。

 

 

 

 

身に着けたときの〝美しさ〟と、プロダクトとしての〝作りの良さ〟を兼ね備えているから、雨や雪の日はもちろん、晴れた日のガーデニングやアウトドアシーンでも、足場や汚れを気にせず履けるのも嬉しいですね。

 

 

 

 

 

「やっと見つけた!」と思えるような
見た目も履き心地も理想的な「ラバーブーツ」。

 

長崎は今日も雨。

 

そんなときでも、この「ラバーブーツ」があれば、ウキウキとした気分で過ごせそうです。

 

 

 

 

最近のkuriya手帖

カテゴリ

アーカイブ

  • kuriya本店

    住所  〒851-2127
    長崎県西彼杵郡長与町高田郷62-1

    TEL/095-856-8101

    営業時間/11:00~17:30

    定休日/毎週水曜、第一日曜、月末

    • Facebook
    • Instagram
  • kuriya大村店

    住所  〒856-0827
    長崎県大村市水主町2-971

    TEL/0957-27-3171

    営業時間/11:00~17:30

    定休日/毎週水曜、第一日曜、月末

    • Instagram