kuriya手帖

2019.10.21 Category:kuriya手帖

秋の手仕事~干し野菜とスープ~

10月の中旬。秋は少しずつ深まり、朝晩に1枚羽織るストールから、温もりを感じる季節。夕暮れ時の美しさは本当に一瞬で、夜へと移り変わる。

 

そんな秋にしたい手仕事は、毎年沢山ある。今年は、その中から1つをご紹介。
いろいろな野菜で作る「干し野菜」。

 

 

秋晴れの太陽と、乾きはじめる風や空気で作る自然食。同じ野菜でも、大きさや切り方を変えて一度に様々作る。スープ用や炒め・パスタ用など。

 

朝に干して、6時間ほどで“セミドライ”の干し野菜完成。セミドライの干し野菜は簡単に作れて、扱いやすい。野菜の旨みがギュッと凝縮し、変わった食感も面白い。

 

今日は、このスープのために、干し野菜を作った。

 

『干し野菜と雑穀のスープ』

 

野菜だけで作る、大地を感じる旨みたっぷりのスープ。スープ用の干し野菜は小さめのスライス。火を加えると大きくなるから。
他の秋野菜は、干し野菜とは異なる食感と瑞々しさを感じる、角切りに。

 

甘味ととろみをプラスする、雑穀は必須。
秋が旬の根菜と相性が良い。

 

スープ全体の味のベースは毎回、冷蔵庫と相談。
今回はキャベツ。
ストウブに、たねのわさんの菜種油をひき、やや強火でキャベツを炒める。すこし焦がすくらい。この炒めたキャベツが今回の味のベース。

 

干し野菜と秋野菜を全部入れて、スープを作る。
時間差で雑穀と、少しの塩。
少し長めにコトコト火を入れる。
秋の夜は長いから、スープ作りが恋しくなるのか、旬の食材が豊富だから作りたくなるのか-。

 

 

台所に優しい野菜の匂いと、温かい空気が満ちる。
少し深みのある白いお皿が、色鮮やかな秋野菜を引き立てる。

 

秋のスープのできあがり。
今日のスープも、野菜が元気。

 

■パスタプレート/ Saturnia(サタルニア)

 

 

  • kuriya本店

    住所  〒851-2127
    長崎県西彼杵郡長与町高田郷62-1

    TEL/095-856-8101

    営業時間/10:30~17:30

    定休日/毎週水曜、第一日曜、月末

    • Facebook
    • Instagram
  • kuriya大村店

    住所  〒856-0827
    長崎県大村市水主町2-971

    TEL/0957-27-3171

    営業時間/10:30~17:30

    定休日/毎週水曜、第一日曜、月末

    • Instagram